スープタイプのキャットフードのメリット・デメリット

少し前までは、キャットフードは固形のものばかりとなっていましたが、最近はスープタイプのキャットフードも増加しています。

スープタイプのキャットフードの最大の特徴は水分が多いということが挙げられます。水分が多いということは消化しやすい、また歯が弱くても摂取することができる、ということと自然に水分を補うことも可能です。ですから、食欲がない状態の猫や、歯が加齢によって減ってきた猫、幼いためにまだ固形物を食べるのが難しい猫など、いろんな状況に対応可能となっています。

そして、猫は水分の摂取をあまりしない動物と言われていて、尿をすることもそれほど多くないのですが、その分腎臓などに負担になっていることもあり、すでにそうした臓器を傷めているような場合には有効な食事方法なのでお勧めできます。長生きする猫はある程度の水分をしっかり摂取している猫が多いと言われています。

ちょっと固形のキャットフードと比べて物足りなく感じることもありますが、スープ自体にも栄養成分がしっかり含まれている設計ですになっているので、栄養価は固形タイプと比べても大きく劣るということはなく、猫にとっては十分な栄養摂取ができるようになると思います。具材も肉や魚、野菜などいろんなものが利用できるようになっているので、柔らかくなっているので食べやすいというのも大きな特徴になっています。

ボリュームから比べると割高となっているので、毎日の食事というよりは特殊なケースや、病気の際の回復食など活用するのがお勧めできます。また、副食として固形タイプのキャットフードとバランスをとって与えるという方法もあるので、飼い主さんが猫の体調を見ながら与えるのが良いと思います。
こちらもおすすめ>>>>>色素沈着 ケアクリーム

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *