Archive | December 2016

これからはもう少し「楽しい」を増やしたい!

私が利用した健康食品は、SNSで知り合って一度話してみたかった人が関東に出てくることになり、ようやく会うことができたし、とても楽しい時間を過ごすことができたのがとても嬉しかったし楽しかった。
それまで住んでいたマンションは結構気に入っていたが、かなり家賃が予算オーバーだったのだが、やっと自分の希望に近い物件を探し当てることができ、引っ越せたのが嬉しかった。
応援しているブンデスリーガのサッカーチームが少しづつ調子を取り戻しているので、それが嬉しいし、観戦も楽しい。
あまり興味がなかったのだが、たまたまキャンペーンに釣られて見た映画が素晴らしくて映画鑑賞にハマって、とても楽しい。

健康食品を利用してみて、家人がどうしようもないというか、現実を見れないタイプの人で、家の共有財産に手を付けたり借金したりして自分の夢追いごっこをし続けているし、言っても聞かない、逆ギレばかりで本当にうんざりしているし腹が立っている。腹も立つが家人なので「こんな人だったのか…」とガッカリしているし悲しい。
副業でライティングしているがテスト期間中に不合格でクビになってしまったことがショックだったし、しばらく落ち込んだ。
とても好きだった親戚が亡くなってしまった。そのこと自体も悲しかったが、葬儀に仕事で参加できなかったのが申し訳なくて悲しかった。

青汁で血液をサラサラに

不規則な生活環境や食生活、またはストレスや睡眠不足などで血液の流れはドロドロになっていきます。
その時に起こる恐れのある怖い疾患に血栓症があげられます。
通常ですと滞りなく血液は流れていくのですが、動きがわるくなると血液が血管の途中で固まって、血管の壁に付着してしまうのです。
通常なら、止血の働きをしてまた血液循環がよくなれば再び流れていくのですが、血栓が残ったままですと更なる病気を招くことになります。

例えば、高血圧や動脈硬化、心筋梗塞や脳梗塞といった怖い病気です。
血液の流れをサラサラに改善するために、まずは生活環境の見直しと食生活の改善を行わなければいけません。

イソチオシアネートという青汁に含まれている成分は、血栓を溶かしていく作用があり、その結果血液の流れをよくする働きがあります。
イソチオシアネートは、ミロシナーゼという酵素と接することで生成されます。
通常野菜をすりおろしたり、カットすることで反応させることが出来ます。
イソチオシアネートを引き出すために、青汁の製造過程でたくさんの野菜をすりつぶしています。
自分自身で意識して野菜を大量に摂取することは難しいのですが、一日一杯の青汁を血栓予防のために飲むことは簡単ですね
栄養成分の豊富な野菜を手軽に摂る事が出来ます。
さらさら血液を目指して青汁を飲んでみるのはおすすめです。
参考:妊娠線 クリーム

ウォーキングは膝痛の改善効果がある

ウォーキングは膝痛を改善させる効果があります。適度に運動をすることによって、膝痛を改善していくこともできるようになりやすいのです。

膝の周りにある筋肉を鍛えることによって、膝痛を和らげることができるようになりやすいです。

膝が痛い場合、激しく体を動かすような運動をするのは、膝の状態を悪くしてしまいかねません。ですから、ジョギングよりも負担がかかりにくいウォーキングをするようにしたほうがいいのです。

ウォーキングというのは、膝だけではなく、足全体や腕も動かすことになります。これによって、心肺機能や関節を鍛えることができるようになるだけではなく、代謝機能を高めたり、老化を防ぐことができるようになるのです。

さらに、膝痛を緩和するサプリメントを飲むと効果的ですね。

老化も膝痛の原因になってしますが、ウォーキングをすることで対策をしていくこともできるのです。膝痛に悩んでいた人が、実際にウォーキングをするようになってから、痛みが和らいだという話も実際にあります。

1週間に3回ほど、そして1日当たり20分から30分程度するだけでも、効果が期待できます。

ただ、ウォーキングをする場合、血圧が上がってしまいやすい冬場の朝などはしないようにして、夕方や日中にウォーキングをするようにしましょう。そうすれば、体への負担も軽くすることができるようになります。